探偵コラム

東海三県は浮気率が高い!?

探偵コラム 2016年6月2日

「産後クライシス」という言葉をご存知でしょうか?

近年話題になっているこの言葉、どんな意味かというと、女性が出産後に夫に対しての愛情が急激に冷めてしまうという現象のことを言うそうです。

ある調査結果によると、妻が夫に対して愛情を感じている人の割合が、妊娠前は70%以上あるのに対し、子どもが二歳児になるころには34%にまで低下してしまったそうです。女性は出産後、子育て中心の生活になります。

幸せも多いけれど、イライラすることも多い育児…。一日中子どもと過ごす母親は、非常にストレスが溜まり易い状態になっています。そんな時に家事や育児に理解のない言動を夫にされると、夫への不満まで募り、愛情が冷めてしまうということのようです。

このような産後クライシスの状態が起こると、その後も愛情が復活することは難しいとされています。産後クライシスによって夫婦仲が悪化すると、家で居心地の悪さを感じてしまたり、セックスレスになりやすくなります。そして、それが原因で浮気に走ってしまう夫や妻が、実は多くいるのです。もしも自分の夫婦は産後クライシスに当てはまると感じた方は、パートナーの浮気に要注意!離婚を考えていないのなら、早めの対策が重要です。

携帯を持ち歩く、携帯にロックがかかっている、帰宅が遅い、子どもを預けてよく出かけるなど、パートナーに怪しい点があれば、探偵事務所による浮気調査を検討した方が良いでしょう。

実は愛知、岐阜、三重は浮気率が高い県。

県別浮気率ランキングでは、愛知、岐阜、三重は上位にランクインしています。「うちは大丈夫」と安心するのは危険かもしれません。

離婚を考える人も考えていない人も、配偶者が浮気をしていると感じたときは、ぜひ探偵事務所に浮気調査を依頼してください。証拠のない状態で相手を問い詰めることは、関係をより悪化させることに繋がりますし、「ちゃんと自分の元へ戻ってくるだろうと見て見ぬふりをしていたら、浮気以外の原因で離婚を迫られてしまった」なんてことにもなりかねません。

浮気調査によって証拠をきちんと掴んでおくことは、結婚生活を継続する場合でも離婚する場合でも、とても重要なのです。もしも名古屋、愛知、岐阜、三重周辺でパートナーの浮気を疑った時は、お気軽にご相談ください。