個人向け調査

不動産調査(土地・建物・マンション・アパート等)

人生最大の買い物である不動産購入、不安はありませんか?

352397夢のマイホーム、マンション購入などの不動産取引は、一般人には、中々理解できない法的要素、また環境要素があり、自分だけでは全てを理解するのは困難です。

確かに不動産業者(担当者)は、宅建業法に定められている説明要綱は調査し、最低限の説明はしてくれます。

しかし、物件を売り込む立場である不動産業者は、長所を積極的に、短所は消極的な説明を行なうのが常です。

また、法的な事項についても、宅権業法上説明を課されている事項のみの説明となっており、残念ですが買主の利益重視の立場での調査、説明はしてもらえません。

いざ、不動産の契約前になると、宅建業法で義務付けられた「重要事項の説明」となりますが、通常では資料と併せると数十ページにもなる書類を担当者に速読されて、その場で署名捺印を迫られます。

熟読しても理解が難しいこの複雑な法的説明を、一般の方がその場で聞いただけで理解するのは困難です。
しかし、うやむやなままで書類に署名捺印すると、全てが自己責任となってしまいます。

一生で一番の買い物は、もっと慎重に進めるべきだと思いませんか。

私たちは専門知識を持つパートナーと共に、中立・公平な立場で契約前の事前調査を行い、あなたの人生最大の買い物のお手伝いをさせて頂きたいと思います。

 

調査例 (原則、買い手にとって不利益となることを調査)

※隣近所(上下)の住民はどんな人なのか? (評判等)

※前所有者及びそれ以前の所有者の時に何か問題がなかったか?
(宅建業法上では、10年以内の自殺等は説明義務有り)

※マンションはちゃんと管理されているか?

※収益集合住宅(アパート、マンション)に不良居住者はいないか?
過去に問題はなかったか?

※当該物件の売出しから現在までの経緯が知りたい。

※契約書類関係の事前調査 (内容説明を含む)

※法的規制の説明
(買い手としてどのような不利な状況が考えられるか、など)

調査料金

調査種別 基本料金 内 容
不動産調査 100,000円~
相談料金 5,000円~ 出張の場合のみ 交通費含む